ようこそ北九州市へ!美味しいお店情報を毎月お届けするサイト

人があつまるホットなスポットあつめてみました、北九州で。

サイトロゴ

あつキタ

サイトロゴ""

あつキタ

波型背景

パン工房 天秤座

波型背景

パン・スイーツ

パン・スイーツ

全国のパン好きを魅了する、ほのかな甘みのもっちりお米ぱん

#お米ぱん

#ピザトーストプレート

#もち明太ポテトピザ

#明太フランス

#朝から開いてるパンカフェ

門司港のアーケード街で誕生し、地元で愛される人気店に

門司港駅から徒歩5分。桟橋通り交差点の角にある、オシャレなガラス張りの建物が「パン工房  天秤座」です。

このエリアは町の商業の中心地で、かつて百貨店がありました。近くには栄町商店街があり、1999年に最初の店舗を構えます。百貨店閉店後、マンションのテナント店舗として現在の場所に移転しました。

日によっては、午後2時頃には完売するほどの人気店になりましたが、20年来の地元ファンが今でも通い続けているそうです。

さて取材の日、お伺いしたのは午前11時頃。店に入ると焼きたてのいい香りが…。食パン、惣菜パン、菓子パンなど約60〜80種が並べられていました。

店奥のオープンキッチンでは、ガラス越しにパン職人が生地を成形する美味しそうな演出も♪

良質な小麦粉を厳選し、パンの種類によって粉のブレンドや配合率を調整しているそうで、「餅つきの動きを応用したスタンピングミキサーを導入してから、生地のもちもち感が増した」と店主の戸嶋さん。このひと手間が絶大な人気を得ている理由のようです。

午前中に完売必至!九州の発祥店のお米ぱん

幅広い層に愛されている名物「お米ぱん」。実は開店当時、店主のアイデアから生まれた九州初の米粉パンなんです。

丸いフォルムが美しく、きめ細かな生地の「お米ぱん」

手にした瞬間はずしっと重く、外はサクサク、中はもっちり。お米の甘みだけで十分味わえるので、アッという間に食べ終えてしまいます。

地元はもちろん、全国からこのパンを目当てに訪れるそうです。毎日200個以上焼いても早い時間に売切れてしまうため、購入するときは必ず予約を。

地元有名店の明太子を使ったパンを2つご紹介

福岡名物といえば明太子ですが、パンのアレンジも豊富です。

福岡のソウルフード「明太フランス」と新感覚の「もち明太ポテトピザ」

カリッと香ばしい「明太フランス」は北九州発「西海」の明太子で、手作り明太バターが程よくサンドされ、クセになる味わい。「もち明太ポテトピザ」は、博多の味「やまや」の明太子ポテトサラダととろけるチーズ、切り餅のコンビネーションが斬新で、お酒のおつまみとしても合いそう。

トーストで温めると、生地や具材の食感、風味が増すのでオススメです。

焼きたてのパンを楽しめるカフェメニューも豊富

赤を基調とする入口横のカフェでは、午前7時半から一日中、様々なセットメニューが楽しめます。

セットメニューで人気NO.1の「ピザトーストプレート」(飲み物付き)

6種類の中から選んだのは、ベーコン、玉ねぎ、ピーマンにたっぷりのチーズをのせた「ピザトーストプレート」。厚めにカットされた食パンが香ばしく、焼きたてをその場で味わえるなんて幸せ♡

サラダやヨーグルトまで丁寧につくられていて、ほっこりした気分になりました。

店内で購入したパンを温めてくれる優しいサービスもあり、ドリンクだけの利用も可能☆

JRやバスなどの公共交通機関、宿泊施設からのアクセスも良く、観光の合間に立ち寄るにはとても便利。美味しい旅の思い出にいかがですか。

※令和4年5月現在の情報です。

 

店舗情報

 

  • 店舗名
  • パン工房 天秤座
  • 電話番号
  • 093-321-3411
    ※お問合せまたはご予約の際は「あつキタ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
  • 住所
  • 門司区本町2-10 サンリヤン門司港1F
  • 営業時間
  • 平日・土曜日 7:30〜18:00(LO.16:00)日曜日 7:30〜14:00(LO.13:00)
  • 店休日
  • 第2・第4木曜日
  • 駐車場
  • なし(近くにコインパーキングあり)

#お米ぱん

#ピザトーストプレート

#もち明太ポテトピザ

#明太フランス

#朝から開いてるパンカフェ

この記事を書いた人

あらい くまこ

空の雲でさえ、綿飴に見えてしまうほど食いしん坊なフリーライター。食べ物を目当てに国内外を旅した回数は数知れず。食品開発、スイーツ店勤務の経験も持つ。市内の産婦人科内のサロンでアロマセラピストとしても活動中!

ジャンルから探す