ようこそ北九州市へ!美味しいお店情報を毎月お届けするサイト

人があつまるホットなスポットあつめてみました、北九州で。

サイトロゴ

あつキタ

サイトロゴ""

あつキタ

波型背景

若松 田中農園

波型背景

今月の新着

今月の新着

若松北海岸そば。農園で収穫した新鮮フルーツがソフトクリームに!

#ジャム

#スムージー

#ソフトクリーム

#写真スポット

#北九州スイーツ

SNSでも話題!週末は行列必至の名物ソフトクリーム

玄海国定公園の若松北海岸。鮮魚料理を楽しめる飲食店が連なる「おさかなロード」沿いの山あいに、「田中農園」と書かれた大きな看板を発見!

こちらは、スイカやキャベツ、ブルーベリーなどを生産している農園。
なんと、みんなのお目当てはソフトクリーム!

「プレミアムブルーベリーソフト(550円)」。

「田中農園」では、収穫したフルーツを新鮮なうちに冷凍。注文を受けてからアイスクリーム+たっぷりの冷凍フルーツをブレンドして完成!
なめらかな甘さの中に、クラッシュされたフルーツのシャリシャリッとした美・食感。フレッシュで濃厚な風味は、農園の魅力が最大限に発揮されたオンリーワンな美味なんです。

特に人気なのが「プレミアムブルーベリーソフト」。紫色のソフトクリームの上に、自家製ブルーベリーソースがかかったフォルムはまさにSNS映え♪

写真は8月現在のメニュー看板。

定番人気メニューのほか、季節限定ソフトも登場。(9月は「かぼちゃ」♡)
スタート時期などは、インスタをチェックしてみて。

若松産トマトの甘みが主役の自然派スムージー

「若松濃縮とまと&自家製バジルのスムージー(450円)」。

「初めての感覚!」と、ライターMが衝撃を受けたのが「若松濃縮とまと&自家製バジルのスムージー」。トマトの甘み+バジルのビターな香りが相性抜群!トマトは糖度が高い若松産の水切りトマトを使用。だから、凝縮したトマトの美味しさをストレートに感じることができるんですね。

現地でソフトクリームを堪能→スムージーは帰りのドライブのお供に…と、ぜひどちらも味わってほしい♪

「もったいない」から始まった、みんなが楽しめるスイーツたち

「田中農園」が専業農家から今のスタイルになって10年。そのきっかけが、こちらの「自家製ブルーベリージャム」なんです。

「自家製ブルーベリージャム(650円)」。

ブルーベリーの収穫時期は短く、日持ちもしないので食品ロスの悩みも。「もったいない。何とか加工できないか?」という発想からジャムが誕生。さらに、「小さなお子さんからお年寄りまで楽しめる、甘いもの&冷たいものを」とソフトクリームが生まれ、いまでは生産・加工・販売までを行っています。

キャベツ収穫時期は超多忙のため、ソフトクリームの販売所は4~11月の限定OPENです。

近隣の若松北海岸は、北九州屈指の夕景スポット

 

近隣には観光スポットも点在。響灘に突出した岬「遠見ケ鼻」には “妙見埼(みょうけんざき)灯台”が。この場所から北九州屈指の綺麗な夕焼けを眺めることができます。また、潮が引くと現れる“鬼の洗濯岩”といわれる珍しい景観や、岬の入口には縁結び・夫婦円満の神様“御嵜(みさき)神社”も。

ぜひドライブがてら足を延ばしてみて♪

※令和4年8月現在の情報です。

店舗情報

  • 店舗名
  • 若松 田中農園
  • 電話番号
  • 080-1734-4243
    ※お問合せまたはご予約の際は「あつキタ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
  • 住所
  • 若松区有毛2666-1
  • 営業時間
  • 【営業は4~11月限定】 13:00~17:00
  • 店休日
  • 火曜日・水曜日 ※その他天候や農作業の影響で休業する場合がございます。
  • 駐車場
  • あり(無料駐車場)
  • 公式SNS

#ジャム

#スムージー

#ソフトクリーム

#写真スポット

#北九州スイーツ

この記事を書いた人

NASSE MIHO

NASSE編集部スタッフ。食べることが大好き。(特に肉と唐揚とうどんと、甘いものに目がない) NASSE読者さんたちで作る「競馬女子部」メンバーでもあり、小倉競馬開催時はほぼ出没中。推し活にいそしむカメラ女子でもある。日課は愛犬との散歩。

ジャンルから探す